パーツフィーダ(パーツフィーダー)の設計・製作・販売

『パーツフィーダは生産ラインの生命!』をモットーに、1973年設立から積み上げてきた『知』と『技』で御社の生産ラインを支えるパーツフィーダを提供します / 株式会社 大善(大阪) お電話でのお問合せは06-6968-5200へ
『知』と『技』でつくりあげる大善のパーツフィーダ
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善のトップページ
パーツフィーダ製作における大善のこだわり
こだわり〜板金加工ボウル〜
こだわり〜アタッチメント選別〜
パーツフィーダ製作における大善の特長
特長〜オリジナル品を使用〜
特長〜柔軟な納期対応力〜
パーツフィーダについての説明
パーツフィーダ(部品供給装置)について
大善のパーツフィーダについて
大善が製作する確かなパーツフィーダ
用途別製品案内
ワーク別製品案内
大善の特殊型パーツフィーダ
パーツフィーダを製作するまでの流れ
創業者の横顔〜パーツフィーダとの出会い〜
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善の会社概要
大善の会社概要
大善の会社沿革
サイトマップ
パーツフィーダに関するお問合せ
樹脂コネクタ用のパーツフィーダでお困りですか?
コンデンサ用のパーツフィーダでお困りですか?
スプリング用のパーツフィーダでお困りですか?
静電気に効果あり!?
大善は1973年の創業以来、匠の技術を磨き続けています。
大善にご興味をもっていただけましたら、お気軽にお電話ください。
日刊工業新聞に掲載されました
ばね産業新聞に掲載されました
大阪市の情報誌b-platzに掲載されました
日本を支えるKANSAIモノづくり企業

ゴム製リング(小)用パーツフィーダ

外径がφ27くらいのゴム製リングです。粘着力が強かったので、特殊なコーティング処理をしています。 径がφ27くらいのゴム製リング用パーツフィーダです。
ゴム系のワークは粘着力と変形の問題があるので、パーツフィーダで整列しづらい部類のひとつですね。
リング状のワークですが、形状が変形しやすく、厄介なワークでした。


ゴム製品はやはり変形しているワークが多いですね

ガスケット用パーツフィーダ 径がφ27程度のリング形状でも、ゴム製のワークはやはり変形しているワークが多いですね。
袋に詰めた状態で保管していますと、どうしても変形は避けることができません。
その変形が詰まりの要因となるので厄介なのです…

今回の案件でも、設備の高速化を図るため、現行機の4倍の能力が欲しいと仰られました。
φ60程度のワークより、今回のワークの方が形状も安定していましたので、製作難易度としては少し楽でしたが、それはφ60と比較したらというお話です。
ゴムのワークは厄介なのは変わりありませんね。
(ホッパーは、お客様の遊休設備から利用したもので、大善では取付だけを行いました。)

ゴムとバネ、この2つはパーツフィーダの製作難易度が特に高いワークです。
検討を要する際は、経験豊富なパーツフィーダメーカーにご相談されるのが良いと思います。
もし、パーツフィーダにお困りでしたら、1973年創業の大善へご相談くださいませ。
まずは、サンプルワークと図面をご用意していただき、お問合せのページへ!