パーツフィーダ(パーツフィーダー)の設計・製作・販売

『パーツフィーダは生産ラインの生命!』をモットーに、1973年設立から積み上げてきた『知』と『技』で御社の生産ラインを支えるパーツフィーダを提供します / 株式会社 大善(大阪) お電話でのお問合せは06-6968-5200へ
『知』と『技』でつくりあげる大善のパーツフィーダ
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善のトップページ
パーツフィーダ製作における大善のこだわり
こだわり〜板金加工ボウル〜
こだわり〜アタッチメント選別〜
パーツフィーダ製作における大善の特長
特長〜オリジナル品を使用〜
特長〜柔軟な納期対応力〜
パーツフィーダについての説明
パーツフィーダ(部品供給装置)について
大善のパーツフィーダについて
大善が製作する確かなパーツフィーダ
用途別製品案内
ワーク別製品案内
大善の特殊型パーツフィーダ
パーツフィーダを製作するまでの流れ
創業者の横顔〜パーツフィーダとの出会い〜
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善の会社概要
大善の会社概要
大善の会社沿革
サイトマップ
パーツフィーダに関するお問合せ
樹脂コネクタ用のパーツフィーダでお困りですか?
コンデンサ用のパーツフィーダでお困りですか?
スプリング用のパーツフィーダでお困りですか?
静電気に効果あり!?
大善は1973年の創業以来、匠の技術を磨き続けています。
大善にご興味をもっていただけましたら、お気軽にお電話ください。
日刊工業新聞に掲載されました
ばね産業新聞に掲載されました
大阪市の情報誌b-platzに掲載されました
日本を支えるKANSAIモノづくり企業
部品供給の手間を減らすホッパ<パーツフィーダ(部品供給装置)とはトップページ

部品供給の手間を減らすホッパ

ホッパ パーツフィーダが空になっているのを気付かずに、その状態を放置していた。
という経験はありませんか?

パーツフィーダが空になっていると、その間の生産性は”ゼロ”です!

せっかくパーツフィーダを導入して自動化を進めているのに、パーツフィーダが空のまま運転状態になっている、ということはありませんか?
パーツフィーダにワークがない、ということは、その間、”部品供給が止まっている”、ということ。
つまり、”何も生産されていない”ことになり、”設備を止めているのと同じ”ことになりますね。
パーツフィーダが空になっている間は、生産性は”ゼロ”となってしまうのです。

「ウチでは、きちんと稼働状況を管理しているから問題ないよ。」とか、
「そんな勿体ないこと、するはずがないじゃないか。」と笑ってお答えいただいたりしますが、
工場内を回らしていただくと、案外、こういう状況によく遭遇するのです。
それもそのはず。
マシンキーパー(マシンを扱う人)は、一人でパーツフィーダ1台を扱うのではなく、何台・何十台という数を扱っているので、全てを管理しきれない事が多いのでしょう。
これも、人員削減の弊害かも知れません。

ホッパは、パーツフィーダへ少しずつワークを供給する、という役割を担ってくれます。
ワーク供給という、手間な作業をホッパに任せることにより、生産効率の向上が期待できます。
自社の生産ラインで、どれだけロスが出ているか、一度検証してみてはいかがでしょうか?

ホッパの効果がありそう、と判断されましたら、すぐにご注文ください!
導入が早ければ早いほど、御社の利益に繋がります。