パーツフィーダ(パーツフィーダー)の設計・製作・販売

『パーツフィーダは生産ラインの生命!』をモットーに、1973年設立から積み上げてきた『知』と『技』で御社の生産ラインを支えるパーツフィーダを提供します / 株式会社 大善(大阪) お電話でのお問合せは06-6968-5200へ
『知』と『技』でつくりあげる大善のパーツフィーダ
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善のトップページ
パーツフィーダ製作における大善のこだわり
こだわり〜板金加工ボウル〜
こだわり〜アタッチメント選別〜
パーツフィーダ製作における大善の特長
特長〜オリジナル品を使用〜
特長〜柔軟な納期対応力〜
パーツフィーダについての説明
パーツフィーダ(部品供給装置)について
大善のパーツフィーダについて
大善が製作する確かなパーツフィーダ
用途別製品案内
ワーク別製品案内
大善の特殊型パーツフィーダ
パーツフィーダを製作するまでの流れ
創業者の横顔〜パーツフィーダとの出会い〜
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善の会社概要
大善の会社概要
大善の会社沿革
サイトマップ
パーツフィーダに関するお問合せ
樹脂コネクタ用のパーツフィーダでお困りですか?
コンデンサ用のパーツフィーダでお困りですか?
スプリング用のパーツフィーダでお困りですか?
静電気に効果あり!?
大善にご興味をもっていただけましたら、お気軽にお電話ください。
日刊工業新聞に掲載されました
ばね産業新聞に掲載されました
大阪市の情報誌b-platzに掲載されました
日本を支えるKANSAIモノづくり企業

樹脂成型品用パーツフィーダ

樹脂部品用パーツフィーダ 樹脂部品用のパーツフィーダです。
樹脂成型の部品は絡みやすい形状が多いので、注意が必要です。

ワークの形状には注意が必要

絡みやすい形状のワーク このワークは、ワーク同士が非常に絡みやすい形状で、少し厄介でした。
ワーク同士が複雑に絡み合うこともありますし、また、トラック(ワークが螺旋状に上って行く通路)に挟まることもありました。
このような場合、トラックの構造を少し工夫することにより、挟まるという問題を解消できました。

トラックにワークが挟まるという現象は、コーティング前には起きていない現象でした。
ワーク同士の絡まりと、ウレタンコーティングの厚みが加わることによって発生した、複合的な要因の現象ですね。
コーティング後にも、しっかりとランニングを行ったことにより、出荷前に対策することができました。
試運転・調整の重要性が最認識できた事例です。
やはり、パーツフィーダが完成した後に行う長時間のランニング(試運転・調整)は重要ですから、大善の強みのひとつですね。

もし、パーツフィーダにお困りでしたら、1973年創業の大善へご相談くださいませ。
まずは、サンプルワークと図面をご用意していただき、お問合せのページへ!