パーツフィーダ(パーツフィーダー)の設計・製作・販売

『パーツフィーダは生産ラインの生命!』をモットーに、1973年設立から積み上げてきた『知』と『技』で御社の生産ラインを支えるパーツフィーダを提供します / 株式会社 大善(大阪) お電話でのお問合せは06-6968-5200へ
『知』と『技』でつくりあげる大善のパーツフィーダ
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善のトップページ
パーツフィーダ製作における大善のこだわり
こだわり〜板金加工ボウル〜
こだわり〜アタッチメント選別〜
パーツフィーダ製作における大善の特長
特長〜オリジナル品を使用〜
特長〜柔軟な納期対応力〜
パーツフィーダについての説明
パーツフィーダ(部品供給装置)について
大善のパーツフィーダについて
大善が製作する確かなパーツフィーダ
用途別製品案内
ワーク別製品案内
大善の特殊型パーツフィーダ
パーツフィーダを製作するまでの流れ
創業者の横顔〜パーツフィーダとの出会い〜
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善の会社概要
大善の会社概要
大善の会社沿革
サイトマップ
パーツフィーダに関するお問合せ
樹脂コネクタ用のパーツフィーダでお困りですか?
コンデンサ用のパーツフィーダでお困りですか?
スプリング用のパーツフィーダでお困りですか?
静電気に効果あり!?
大善は1973年の創業以来、匠の技術を磨き続けています。
大善にご興味をもっていただけましたら、お気軽にお電話ください。
日刊工業新聞に掲載されました
ばね産業新聞に掲載されました
大阪市の情報誌b-platzに掲載されました
日本を支えるKANSAIモノづくり企業
大善のこだわり<トップページ

板金加工ボウルへのこだわり

板金加工ボウルの例 コンデンサなどのチップ部品、極薄・極小の樹脂ワッシャ、先端が細くなっている異形のスプリングなども、大善では板金加工ボウルで対応しております。
板金加工ボウルにこだわる理由

ボウルフィーダは、大きくは、板金加工ボウルとNC加工ボウルの二種類に分けることができます。
最近は、NC加工ボウルを製作するパーツフィーダメーカーが増えているようです。
この二種類の基本的な違いは、その名の通り、板金加工&溶接でボウルを仕上げているか、NC加工の削り出しでボウルを仕上げているか、です。

構造上、選別方法も異なってきます。
また、素材も異なります。
私たちが製作する板金加工ボウルの素材は、SUS304でほぼ100%構成されています。
NC加工ボウルは、アルミ製やジュラコン製が多いですね。


板金加工ボウル、NC加工ボウルには、それぞれメリットがあると思います。
では、なぜ、大善は板金加工ボウルにこだわっているのか?
それは、板金加工ボウルの方が、より大きなメリットを感じているからです。

大きなメリットを感じているのは、バケットを使えるので、選別区間を長くとれる、という点です。
”選別区間が長くとれる”、ということは、それだけ”選別の確実性を高めることができる”、ということになります。

つまり、”より安定したパーツフィーダ”を作り上げることができるのです。
安定したパーツフィーダを重要視する大善としては、NC加工ボウルでは満足できないのです。


また、各社、得意とする選別方法は異なりますが、大善が得意とするアタッチメント選別にはバケットが必要となりますので、お客様から”どうしてもNC加工ボウルが欲しい”というご要望がない限り、板金加工ボウルを提供させていただきます。

大善はタンタルコンデンサなどのチップ部品、極薄・極小の樹脂ワッシャ、先端が細くなっている異形のスプリングなども板金加工ボウルで対応できますので、どうぞご安心下さい。