パーツフィーダ(パーツフィーダー)の設計・製作・販売

『パーツフィーダは生産ラインの生命!』をモットーに、1973年設立から積み上げてきた『知』と『技』で御社の生産ラインを支えるパーツフィーダを提供します / 株式会社 大善(大阪) お電話でのお問合せは06-6968-5200へ
『知』と『技』でつくりあげる大善のパーツフィーダ
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善のトップページ
パーツフィーダ製作における大善のこだわり
こだわり〜板金加工ボウル〜
こだわり〜アタッチメント選別〜
パーツフィーダ製作における大善の特長
特長〜オリジナル品を使用〜
特長〜柔軟な納期対応力〜
パーツフィーダについての説明
パーツフィーダ(部品供給装置)について
大善のパーツフィーダについて
大善が製作する確かなパーツフィーダ
用途別製品案内
ワーク別製品案内
大善の特殊型パーツフィーダ
パーツフィーダを製作するまでの流れ
創業者の横顔〜パーツフィーダとの出会い〜
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善の会社概要
大善の会社概要
大善の会社沿革
サイトマップ
パーツフィーダに関するお問合せ
樹脂コネクタ用のパーツフィーダでお困りですか?
コンデンサ用のパーツフィーダでお困りですか?
スプリング用のパーツフィーダでお困りですか?
静電気に効果あり!?
大善は1973年の創業以来、匠の技術を磨き続けています。
大善にご興味をもっていただけましたら、お気軽にお電話ください。
日刊工業新聞に掲載されました
ばね産業新聞に掲載されました
大阪市の情報誌b-platzに掲載されました
日本を支えるKANSAIモノづくり企業

ピン用パーツフィーダ(エスケープ付き)

ピンを立てるエスケープ付きのパーツフィーダ 長手方向に排出したピンをエスケープで立てるパーツフィーダです。

先端が尖っているピンは取り扱いが厄介ですね。

ピン用パーツフィーダ(エスケープ付き)

どうしてもピンを立てた状態で整列して欲しい、というお客様のご要望でした。
長手方向の姿勢を提案しましたが、「ピンを立てた状態でチャックをしたい」という思いが強かったので、エスケープによりピンを立てる仕様となりました。

ピンを立てるエスケープ ピンの先端が尖っているため、パーツフィーダで立てた状態にすることは無理があります。
ですから、パーツフィーダからは長手方向で排出し、エスケープによってピンを立てる、という方案を採用しました。

タクトに余裕があったので、この方案でも対応でき、できるだけ簡略化した構造を心掛けました。

部品の安定供給にお悩みでしたら、一度、大善のパーツフィーダをお試しください。
まずは、サンプルワークと図面をご用意していただき、お問合せのページへ!