パーツフィーダ(パーツフィーダー)の設計・製作・販売

『パーツフィーダは生産ラインの生命!』をモットーに、1973年設立から積み上げてきた『知』と『技』で御社の生産ラインを支えるパーツフィーダを提供します / 株式会社 大善(大阪) お電話でのお問合せは06-6968-5200へ
『知』と『技』でつくりあげる大善のパーツフィーダ
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善のトップページ
パーツフィーダ製作における大善のこだわり
こだわり〜板金加工ボウル〜
こだわり〜アタッチメント選別〜
パーツフィーダ製作における大善の特長
特長〜オリジナル品を使用〜
特長〜柔軟な納期対応力〜
パーツフィーダについての説明
パーツフィーダ(部品供給装置)について
大善のパーツフィーダについて
大善が製作する確かなパーツフィーダ
用途別製品案内
ワーク別製品案内
大善の特殊型パーツフィーダ
パーツフィーダを製作するまでの流れ
創業者の横顔〜パーツフィーダとの出会い〜
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善の会社概要
大善の会社概要
大善の会社沿革
サイトマップ
パーツフィーダに関するお問合せ
樹脂コネクタ用のパーツフィーダでお困りですか?
コンデンサ用のパーツフィーダでお困りですか?
スプリング用のパーツフィーダでお困りですか?
静電気に効果あり!?
大善は1973年の創業以来、匠の技術を磨き続けています。
大善にご興味をもっていただけましたら、お気軽にお電話ください。
日刊工業新聞に掲載されました
ばね産業新聞に掲載されました
大阪市の情報誌b-platzに掲載されました
日本を支えるKANSAIモノづくり企業
製作までの流れ<トップページ

大善における検討・設計から製作まで

〜パーツフィーダ(部品供給装置)編〜

大善においては、パーツフィーダ製作テーマに対して、搭載・接続する設備の内容とパーツフィーダのレイアウトの確認をし、ワークのツーリングテストを行います。
それらを踏まえたうえで、対象とする設備用として、最適な機種・最適なツーリングによる安定したパーツフィーダを提供することを前提にして、設計・製作いたします。

パーツフィーダを製作するまでの流れ

パーツフィーダ(パーツフィーダー)製作テーマについての確認

お問合せのページ見積依頼書(PDFファイル)を用意していますので、ダウンロードしていただき、必要な項目を記入していただくことから始まります。
見積依頼書と整列供給する部品(ワーク)を送付いただきましたら、まず、下記の確認を行います。
(1)ワークの確認・・・形状・寸法・材質・状態ほか、ワーク現物の確認
(2)ご希望するワークの整列供給姿勢の確認
(3)供給能力(供給必要数)の確認・・・1分間あたりの平均供給数(設備側の必要数)
(4)パーツフィーダレイアウトの確認
   ⇒ホッパボウルリニア以外に、ベース架台カバーエスケープ等の周辺設備も含む
(5)パーツフィーダを搭載・接続する設備の内容確認
   ⇒受け手側の状況により、供給姿勢やエスケープの方法などに関係します
(6)設置場所、雰囲気温度、湿度等に問題がないことの確認
(7)その他に問題がないことの確認
(8)ご予算がありましたら明示してください。


整列供給姿勢の最終確認

ワークの供給姿勢について、下記のように入念な確認を行います。
(1)ワークの観察と諸特性の確認
(2)必要に応じて実機テストによる確認
(3)パーツフィーダツーリングの確認
(4)ご希望する姿勢での整列供給に問題は無いか、また最も安定した供給姿勢を確認するためのテストを行い、ご希望する整列供給姿勢に問題がある場合は、安定した供給姿勢への変更を含めて、関係者と十分に話し合いを行い、ワークの整列供給姿勢の最終決定を行います。


機種選定

ワークの現物確認(現物が無ければ図面による確認)と、整列供給姿勢、供給能力が決まったら振動数・振幅等を含め、最適な機種の選定を行います。
パーツフィーダの機種選定は、整列供給するワークの材質・形状・大きさ・寸法・整列供給姿勢・供給能力等と大きく関係がありますので大変重要です。


パーツフィーダ(パーツフィーダー)の製作仕様を決定

テーマのパーツフィーダについて、全ての検討・試験結果をもとに、関係者に確認の上、このテーマに最適なパーツフィーダレイアウト並びにパーツフィーダ仕様を決定します。
この時点で御見積を提出いたします。
御見積の作成には、ワークをお預かりしてから3日〜1週間ほど要します。
(難易度が高いワークの場合、更に時間を要することもあります)
なお、御見積の際にレイアウト図を添付する場合もありますが、合い見積もりの場合はレイアウト図を添付しないことが殆どです。
供給姿勢へのプロセスやエスケープ方法など、各社それぞれのノウハウが含まれているとお考えください。


契約

仕様やお支払いの条件などをご確認いただき、契約を交わします。
製作内容により、着手金をいただく場合もあります。
なお、弊社は基本的に現金お取り引きとなっております。
手形のお支払いしか選択の余地がない場合は、一度ご相談ください。


パーツフィーダ(パーツフィーダー)の製作を開始

決定したパーツフィーダ製作仕様に基づいて製作します。
製作の段階で、1回の投入数程度のワークが必要となりますので、ご用意ください。
なお、製作期間は1〜2ヶ月とお考えください。
丹念につくり込み、入念な確認テストを経てパーツフィーダが完成しましたら、弊社内にてお立会い試験をしていただきます。


納品

近隣の地域でしたら持ち込んで納品させていただきますが、遠方でしたらほぼトラック便にて納品させていただいております。
パーツフィーダを扱うのが初めて、という場合や、心配だから据付・調整までお願いしたい、という場合はご相談ください。
別途費用は発生してしまいますが、きっちりと対応させていただきます。
パーツフィーダは東北地方などへもトラック便で納品させていただいており、特にトラブルは発生しておりませんので、ご安心いただけると思います。
装置関係でなければ、据付・調整までご依頼いただく案件は、昨今は本当に少ないです。


アフターサービス

万が一、パーツフィーダの運用中にトラブルが発生しましたら、すぐにご連絡ください。
大善の特長のひとつに、「トラブル発生件数の少なさ」があり、めったにトラブルのご連絡をいただきませんが、ご連絡をいただいた際は、できるだけ早く・的確な対応をさせていただくよう、心掛けております。
※パーツフィーダでのトラブル発生時は、大善へ連絡をする前に「運用方法に問題はないか」・「パーツフィーダ製作時とワークが変わっていないか」の2点は必ず確認してください。
パーツフィーダ製作時とワークの寸法や状態が変わっている場合、弊社では責任を負えませんので、その点はご了承願います。