パーツフィーダ(パーツフィーダー)の設計・製作・販売

『パーツフィーダは生産ラインの生命!』をモットーに、1973年設立から積み上げてきた『知』と『技』で御社の生産ラインを支えるパーツフィーダを提供します / 株式会社 大善(大阪) お電話でのお問合せは06-6968-5200へ
『知』と『技』でつくりあげる大善のパーツフィーダ
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善のトップページ
パーツフィーダ製作における大善のこだわり
こだわり〜板金加工ボウル〜
こだわり〜アタッチメント選別〜
パーツフィーダ製作における大善の特長
特長〜オリジナル品を使用〜
特長〜柔軟な納期対応力〜
パーツフィーダについての説明
パーツフィーダ(部品供給装置)について
大善のパーツフィーダについて
大善が製作する確かなパーツフィーダ
用途別製品案内
ワーク別製品案内
大善の特殊型パーツフィーダ
パーツフィーダを製作するまでの流れ
創業者の横顔〜パーツフィーダとの出会い〜
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善の会社概要
大善の会社概要
大善の会社沿革
サイトマップ
パーツフィーダに関するお問合せ
樹脂コネクタ用のパーツフィーダでお困りですか?
コンデンサ用のパーツフィーダでお困りですか?
スプリング用のパーツフィーダでお困りですか?
静電気に効果あり!?
大善は1973年の創業以来、匠の技術を磨き続けています。
大善にご興味をもっていただけましたら、お気軽にお電話ください。
日刊工業新聞に掲載されました
ばね産業新聞に掲載されました
大阪市の情報誌b-platzに掲載されました
日本を支えるKANSAIモノづくり企業
パーツフィーダの役割<トップページ

パーツフィーダ(部品供給装置)の役割

皿ビス用パーツフィーダ ”そもそも、パーツフィーダってどんなものなの?”という人のために、パーツフィーダの役割について記載しているページです。
できるだけ分かりやすい説明を心がけ、直感的に分かるようなページを目指しました。
パーツフィーダがどんなものか分からない人は、一度、このページを読んでいただければ、少しは理解していただけると思います。
   
パーツフィーダ(部品供給装置)の役割
部品を組み立てたり、組み付けする際、部品がバラバラの状態だと、非常に作業がしづらく、作業効率が悪いですよね。
では、作業効率を上げるにはどうすれば良いのか?
答えは簡単です。部品を整列した状態にすれば良いのです。

皿ビス整列前皿ビス整列後

バラバラの状態と、整列した状態、どちらが楽に作業できるか、一目瞭然でしょう?
これは、機械が作業を行う場合も同じことが言えます。
機械は、整列している部品の処理は得意ですが、キレイに整列されていない部品を、組み立てたり組み付けするのは苦手だからです。
このように、手作業・機械作業に関わらず、作業効率を上げるために部品を整列し、供給することがパーツフィーダの役割の一つです。
パーツフィーダ(部品供給装置)で部品が整列するまでの流れ
皿ビス用パーツフィーダでは、パーツフィーダで部品が整列し供給されていく過程を見てみましょう。
図は皿ビス用のパーツフィーダですので、皿ビスが整列していく過程をご覧ください。
(説明用の動画ですので、動作がとてもゆっくりです。)

ボウルフィーダには皿ビスがバラバラの状態で入っています。
流れとしては、
シリンダでエスケープ
⇒リニアフィーダは動作し続け、エスケープ(切り出しユニット)へワークを供給
⇒リニアフィーダ上のオーバーフロー用センサが開放となり、ボウルフィーダが動作開始
と、なっております。

画像が少し見づらいですが、パーツフィーダのアタッチメントを通過することによって、皿ビスが整列していく過程をご覧いただけたでしょうか?
パーツフィーダを利用することによって、バラバラの状態だったワークを、決まった姿勢に整列させ、供給することが可能になるのです。
パーツフィーダで整列前
この状態が
パーツフィーダで整列後
こうなるのです

なお、パーツフィーダは、ワークの特性に合わせて、アタッチメントを一品一様で製作します。
アタッチメントの仕上がり次第で、パーツフィーダの安定性は大きく変わります。
この、アタッチメントを製作する技術力を、1973年の創業以来磨き続けていますので、大善なら、きっとご満足いただけるパーツフィーダを製作できると思います。