パーツフィーダ(パーツフィーダー)の設計・製作・販売

『パーツフィーダは生産ラインの生命!』をモットーに、1973年設立から積み上げてきた『知』と『技』で御社の生産ラインを支えるパーツフィーダを提供します / 株式会社 大善(大阪) お電話でのお問合せは06-6968-5200へ
『知』と『技』でつくりあげる大善のパーツフィーダ
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善のトップページ
パーツフィーダ製作における大善のこだわり
こだわり〜板金加工ボウル〜
こだわり〜アタッチメント選別〜
パーツフィーダ製作における大善の特長
特長〜オリジナル品を使用〜
特長〜柔軟な納期対応力〜
パーツフィーダについての説明
パーツフィーダ(部品供給装置)について
大善のパーツフィーダについて
大善が製作する確かなパーツフィーダ
用途別製品案内
ワーク別製品案内
大善の特殊型パーツフィーダ
パーツフィーダを製作するまでの流れ
創業者の横顔〜パーツフィーダとの出会い〜
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善の会社概要
大善の会社概要
大善の会社沿革
サイトマップ
パーツフィーダに関するお問合せ
樹脂コネクタ用のパーツフィーダでお困りですか?
コンデンサ用のパーツフィーダでお困りですか?
スプリング用のパーツフィーダでお困りですか?
静電気に効果あり!?
大善は1973年の創業以来、匠の技術を磨き続けています。
大善にご興味をもっていただけましたら、お気軽にお電話ください。
日刊工業新聞に掲載されました
ばね産業新聞に掲載されました
大阪市の情報誌b-platzに掲載されました
日本を支えるKANSAIモノづくり企業
ボウルフィーダBFシリーズの仕様<大善の特長トップページ

ボウルフィーダBFシリーズの仕様

ボウルフィーダBFシリーズ 大善オリジナルのボウルフィーダ、BFシリーズです。
駆動周波数が110〜150Hz となっており、BSシリーズに比べ振動が細かい本体となっております。

つまり、BSシリーズよりも振幅が小さくなりますので、シビアな選別向けと言えます。

BFシリーズの仕様

型式 BF-18 BF-21 BF-25 BF-28 BF-30 BF-35
駆動部
外径(mm)
φ180 φ210 φ250 φ280 φ300 φ350
駆動部
高さ(mm)
160 177 230 230 260 307
駆動部
質量(kg)
11.6 15.3 28.5 35.6 48.3 79.6
電源電圧(V) 100 / 200
定格電流(A) 0.6 / 0.32 1.0 / 0.5 1.4 / 0.8 1.2 / 0.64 2.0 / 1.0 2.0 /1.0
振動数(Hz) 110〜150
適用
ボウル(mm)
※1
φ170〜200 φ200〜240 φ240〜270 φ270〜300 φ300〜350 φ350〜400
適用コントローラ CV-05
※1 円筒基準ボウル
(注)表中の駆動部外径・駆動部高さは、防振ゴム固定部材は除いてありますのでご注意ください。また、改良などのために予告なく変更することがあります。

《基本的なモデルは上記表の通りですが、案件により都度改良などを行っているため、派生モデルが多数ございます。》

大善の基本姿勢としまして、パーツフィーダの振動機本体からコントローラまで、全て大善オリジナル品を使用したパーツフィーダシステムでご提案させていただきます。
今まで扱いなれている他社の振動機本体やコントローラの組み合わせが欲しい、というごご要望の場合も、できる限り対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。