パーツフィーダ(パーツフィーダー)の設計・製作・販売

『パーツフィーダは生産ラインの生命!』をモットーに、1973年設立から積み上げてきた『知』と『技』で御社の生産ラインを支えるパーツフィーダを提供します / 株式会社 大善(大阪) お電話でのお問合せは06-6968-5200へ
『知』と『技』でつくりあげる大善のパーツフィーダ
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善のトップページ
パーツフィーダ製作における大善のこだわり
こだわり〜板金加工ボウル〜
こだわり〜アタッチメント選別〜
パーツフィーダ製作における大善の特長
特長〜オリジナル品を使用〜
特長〜柔軟な納期対応力〜
パーツフィーダについての説明
パーツフィーダ(部品供給装置)について
大善のパーツフィーダについて
大善が製作する確かなパーツフィーダ
用途別製品案内
ワーク別製品案内
大善の特殊型パーツフィーダ
パーツフィーダを製作するまでの流れ
創業者の横顔〜パーツフィーダとの出会い〜
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善の会社概要
大善の会社概要
大善の会社沿革
サイトマップ
パーツフィーダに関するお問合せ
樹脂コネクタ用のパーツフィーダでお困りですか?
コンデンサ用のパーツフィーダでお困りですか?
スプリング用のパーツフィーダでお困りですか?
静電気に効果あり!?
大善は1973年の創業以来、匠の技術を磨き続けています。
大善にご興味をもっていただけましたら、お気軽にお電話ください。
日刊工業新聞に掲載されました
ばね産業新聞に掲載されました
大阪市の情報誌b-platzに掲載されました
日本を支えるKANSAIモノづくり企業

スプリング用パーツフィーダ(特殊形状バネ)

特殊形状ばねのサンプル パッと見ていただければ、すぐに分かるはずです。
このワークの難易度を・・・

このようなバネも整列供給を可能にするのが大善の『知』と『技』です!
   

長年の経験と一瞬の閃き!

このワークを整列供給させるパーツフィーダを製作する際、本当に苦労の連続でした。
まずは、検討依頼時です。
ワークを預かり、様々なテストを行うことにより整列させる方案を検討していく過程で、
「この案件は不可能では・・・」
現場ではそのような雰囲気が生まれてきました。
たしかに、お客様からは、過去に頓挫したことのある案件だとは聞いていました。
それだけ難易度の高いワークということです。

まるで出口の見えないトンネルに入ったような感じがしたほどですが、トンネルを抜け出すことができたのは、長年の経験と一瞬の閃きによるものでした。
これにより、なんとか選別方法を確立することができたのです。

パーツフィーダが完成するには、本当に様々なドラマがありました。
お客様との打合せにより定めたスペックは満足していたものの、大善が手掛けたパーツフィーダとしてあまりに能力が低い、ということからアタッチメントを全て取り外し、一から作り直した、という経緯があったり・・・
完成間近のタイミングで新しい問題を発見し、その問題を潰すのに四苦八苦しながらも、なんとか納期に間に合わすことができた、という経緯があったり・・・

特殊形状バネ用パーツフィーダ

全てのワークに対してすんなりと製作できるわけではありませんが、製作難度の高いワークにおいても、大善では一台一台、丹精込めて作りこんでいきます。
コストを優先させるか、安定性(=品質)を優先させるかは、お客様が決めることですが、パーツフィーダにおいてコストを優先させて後悔した、というお話をたくさん聞いております。
コストを求めて後悔するよりも、大善が磨き続けている匠の技を体感してください。