パーツフィーダ(パーツフィーダー)の設計・製作・販売

『パーツフィーダは生産ラインの生命!』をモットーに、1973年設立から積み上げてきた『知』と『技』で御社の生産ラインを支えるパーツフィーダを提供します / 株式会社 大善(大阪) お電話でのお問合せは06-6968-5200へ
『知』と『技』でつくりあげる大善のパーツフィーダ
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善のトップページ
パーツフィーダ製作における大善のこだわり
こだわり〜板金加工ボウル〜
こだわり〜アタッチメント選別〜
パーツフィーダ製作における大善の特長
特長〜オリジナル品を使用〜
特長〜柔軟な納期対応力〜
パーツフィーダについての説明
パーツフィーダ(部品供給装置)について
大善のパーツフィーダについて
大善が製作する確かなパーツフィーダ
用途別製品案内
ワーク別製品案内
大善の特殊型パーツフィーダ
パーツフィーダを製作するまでの流れ
創業者の横顔〜パーツフィーダとの出会い〜
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善の会社概要
大善の会社概要
大善の会社沿革
サイトマップ
パーツフィーダに関するお問合せ
樹脂コネクタ用のパーツフィーダでお困りですか?
コンデンサ用のパーツフィーダでお困りですか?
スプリング用のパーツフィーダでお困りですか?
静電気に効果あり!?
大善は1973年の創業以来、匠の技術を磨き続けています。
大善にご興味をもっていただけましたら、お気軽にお電話ください。
日刊工業新聞に掲載されました
ばね産業新聞に掲載されました
大阪市の情報誌b-platzに掲載されました
日本を支えるKANSAIモノづくり企業

スプリング用パーツフィーダ(異径バネを圧送)

全長が長めの異径ばね 写真のように自由長が長めの異径バネも、前後方向の選別を行っております。
径の差が小さいので、やはり難易度としては高めになりますね。
   

前後の向きを揃えてエア圧送

分離供給を基本とする大善のバネフィーダ 今回のワークは自由長が20mm以上でしたので、基準ボウルはφ350クラスとなっております。
それに応じ、バネばらし機もサイズupとなっております。

大善におけるバネフィーダは、分離供給が基本となります。
今回のワークはもちろんのこと、前後同径のバネでも、基本は分離供給(順送り)ですね。
安定性を高くするためには必要だと感じております。
押せ押せで対応可能なバネの場合でも分離供給をおすすめしますが、最終的に選択するのはお客様です。
メリット・デメリットをお伝えしますので、選択時には熟考していただき、ご判断くださいませ。
コストを優先させるか、安定性(=品質)を優先させるかは、お客様が決めることですが、パーツフィーダにおいてコストを優先させて後悔した、というお話をたくさん聞いております。
コストを求めて後悔するよりも、大善が磨き続けている匠の技を体感してください。