パーツフィーダ(パーツフィーダー)の設計・製作・販売

『パーツフィーダは生産ラインの生命!』をモットーに、1973年設立から積み上げてきた『知』と『技』で御社の生産ラインを支えるパーツフィーダを提供します / 株式会社 大善(大阪) お電話でのお問合せは06-6968-5200へ
『知』と『技』でつくりあげる大善のパーツフィーダ
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善のトップページ
パーツフィーダ製作における大善のこだわり
こだわり〜板金加工ボウル〜
こだわり〜アタッチメント選別〜
パーツフィーダ製作における大善の特長
特長〜オリジナル品を使用〜
特長〜柔軟な納期対応力〜
パーツフィーダについての説明
パーツフィーダ(部品供給装置)について
大善のパーツフィーダについて
大善が製作する確かなパーツフィーダ
用途別製品案内
ワーク別製品案内
大善の特殊型パーツフィーダ
パーツフィーダを製作するまでの流れ
創業者の横顔〜パーツフィーダとの出会い〜
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善の会社概要
大善の会社概要
大善の会社沿革
サイトマップ
パーツフィーダに関するお問合せ
樹脂コネクタ用のパーツフィーダでお困りですか?
コンデンサ用のパーツフィーダでお困りですか?
スプリング用のパーツフィーダでお困りですか?
静電気に効果あり!?
大善は1973年の創業以来、匠の技術を磨き続けています。
大善にご興味をもっていただけましたら、お気軽にお電話ください。
日刊工業新聞に掲載されました
ばね産業新聞に掲載されました
大阪市の情報誌b-platzに掲載されました
日本を支えるKANSAIモノづくり企業
中型サイズのバネばらし機<手作業向けバネばらし機トップページ

手作業向けバネばらし機に中型サイズが登場!

手作業向け中型バネばらし機 従来のバネばらし機では対応できなかったサイズのバネも分離が可能!
中型サイズの手作業向けバネばらし機(DCS-H-170)が、ついに登場!

従来では対応できなかったサイズのバネも分離が可能!

従来の手作業向け小型バネばらし機では、外径φ10程度までのバネが限界でした。
できるだけコンパクトに、という思想で開発しましたから、適用サイズの限界も小さくなってしまったのです。
しかし、φ10以上のバネでお困りのお客様も、結構いらっしゃるんですよね。
そのサイズになると、手でも簡単にほぐせるのでは?とも思うのですが、やはり、数が多くなると手でほぐすのが大変とのこと。
たしかにそうですよね。
部品にバネを組込むのがお仕事なのに、バネをほぐすことに追われていたら…

そのような作業を簡略化できないか?ということで、中型サイズを開発するに至ったのです。
今回開発しました中型サイズの手作業向けバネばらし機でしたら、外径がφ30程度までは対応可能と思われます。


現在、無料テストを実施中!!

バネばらし機も万能ではありません。
残念ながら、全てのバネを100%ばらせるものではないのです。
あくまで、バネをばらす工程を省力化するための装置です。
そこで、手作業向けバネばらし機の無料テストを実施することとしました!
購入前に無料テストを実施することにより、お客様がバネばらし機を購入時に抱えるリスクを少しでも解消することが狙いです。
外径がφ10〜30程度のバネでお困りでしたら、一度ご相談ください!

【手作業向けバネばらし機には、整列機構は含んでおりませんのでご留意ください】


まずはご連絡ください!

みなさんの課題となっているバネは、きっと仕様もバラバラでしょう。
まずは、大善のバネばらし機でどの程度の効果が期待できるのか、テストをしてみませんか?
バネの絡みでお困りでしたら、大善までご連絡ください!