パーツフィーダ(パーツフィーダー)の設計・製作・販売

『パーツフィーダは生産ラインの生命!』をモットーに、1973年設立から積み上げてきた『知』と『技』で御社の生産ラインを支えるパーツフィーダを提供します / 株式会社 大善(大阪) お電話でのお問合せは06-6968-5200へ
『知』と『技』でつくりあげる大善のパーツフィーダ
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善のトップページ
パーツフィーダ製作における大善のこだわり
こだわり〜板金加工ボウル〜
こだわり〜アタッチメント選別〜
パーツフィーダ製作における大善の特長
特長〜オリジナル品を使用〜
特長〜柔軟な納期対応力〜
パーツフィーダについての説明
パーツフィーダ(部品供給装置)について
大善のパーツフィーダについて
大善が製作する確かなパーツフィーダ
用途別製品案内
ワーク別製品案内
大善の特殊型パーツフィーダ
パーツフィーダを製作するまでの流れ
創業者の横顔〜パーツフィーダとの出会い〜
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善の会社概要
大善の会社概要
大善の会社沿革
サイトマップ
パーツフィーダに関するお問合せ
樹脂コネクタ用のパーツフィーダでお困りですか?
コンデンサ用のパーツフィーダでお困りですか?
スプリング用のパーツフィーダでお困りですか?
静電気に効果あり!?
大善は1973年の創業以来、匠の技術を磨き続けています。
大善にご興味をもっていただけましたら、お気軽にお電話ください。
日刊工業新聞に掲載されました
ばね産業新聞に掲載されました
大阪市の情報誌b-platzに掲載されました
日本を支えるKANSAIモノづくり企業
大善の特長<トップページ

オリジナル品を使用

周波数可変式コントローラ(大善オリジナル品) 基本的に、パーツフィーダの振動機本体からコントローラまで、全て大善のオリジナル品を使用します。

もちろん、他社の振動機本体やコントローラを組み合わせたシステムをご希望の場合もできる限り対応させていただきますので、ご相談ください。
本体からコントローラまで

大善は、パーツフィーダの振動機本体からコントローラまで、全てに大善のオリジナル品を使用しています。

一般的なパーツフィーダの振動機は電磁石を駆動源としているのですが、大善はその核である電磁コイルの線径や巻き数までも、オリジナル仕様なのです。
”確かなパーツフィーダ”を製作するためには、そのワークに最適な振動を発生させる振動機本体が必要となります。
ワークが小さければ小さい本体、ワークが大きければ大きい本体が必要となります。
さまざまなワークに対応するためにも、振動機本体の自社開発は不可欠と、大善は考えます。
日々さまざまなテストを行い、自社開発している本体だからこそ、最適な振動特性を得ることができる、と思うからです。

ボウルフィーダ
ボウルフィーダBSシリーズ
BSシリーズ
ボウルフィーダBFシリーズ
BFシリーズ
ボウルフィーダBF小型シリーズ
BF小型シリーズ
リニアフィーダ コントローラ
リニアフィーダLFシリーズ
LFシリーズ
リニアフィーダLF-Wシリーズ
LF-Wシリーズ
周波数可変式コントローラCVシリーズ
CVシリーズ

また、現在コントローラの主流である周波数可変式コントローラも、大善オリジナル品です。
コントローラも振動機本体と同様に、パーツフィーダの駆動源である振動に影響を与える、重要なファクターの一つです。

以前は60Hz地域(大善は大阪地区なので60Hzなのです。)で最適な振動調整を行っていても、50Hz地域へ移動すると振動が変わってしまい、現地で振動調整を行う必要がありました。
全波・半波式のコントローラですと、バネ調整が必要となります。
バネの枚数や厚みを変えることにより振動特性を変化させるという、大変手間な振動調整を現地で行う必要があったのです。

しかし、周波数可変式コントローラの開発で、この問題はなくなりました。
50Hz地域で稼働する際にもでも、出荷時にバネ調整を行っていれば、現地でのバネ調整は必要なくなったのです。
バネがへたってきても、周波数を変えることによりある程度まで振動の調整を行える、という便利なアイテムです。

やはり、自社開発しているコイルには、自社のコントローラが一番ではないでしょうか。
これらを組み合わせれば、御社のご要望にもっとも適したパーツフィーダシステムをご提供できると思います。



そうは言いましても、今まで慣れ親しんだコントローラが一番扱いやすい、と感じる場合があるかも知れません。
他社の本体やコントローラを組み合わせたシステムをご希望の場合も、ご相談ください。
できるかぎり、対応させていただきます。