パーツフィーダ(パーツフィーダー)の設計・製作・販売

『パーツフィーダは生産ラインの生命!』をモットーに、1973年設立から積み上げてきた『知』と『技』で御社の生産ラインを支えるパーツフィーダを提供します / 株式会社 大善(大阪) お電話でのお問合せは06-6968-5200へ
『知』と『技』でつくりあげる大善のパーツフィーダ
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善のトップページ
パーツフィーダ製作における大善のこだわり
こだわり〜板金加工ボウル〜
こだわり〜アタッチメント選別〜
パーツフィーダ製作における大善の特長
特長〜オリジナル品を使用〜
特長〜柔軟な納期対応力〜
パーツフィーダについての説明
パーツフィーダ(部品供給装置)について
大善のパーツフィーダについて
大善が製作する確かなパーツフィーダ
用途別製品案内
ワーク別製品案内
大善の特殊型パーツフィーダ
パーツフィーダを製作するまでの流れ
創業者の横顔〜パーツフィーダとの出会い〜
パーツフィーダ製作のエキスパートである大善の会社概要
大善の会社概要
大善の会社沿革
サイトマップ
パーツフィーダに関するお問合せ
樹脂コネクタ用のパーツフィーダでお困りですか?
コンデンサ用のパーツフィーダでお困りですか?
スプリング用のパーツフィーダでお困りですか?
静電気に効果あり!?
大善は1973年の創業以来、匠の技術を磨き続けています。
大善にご興味をもっていただけましたら、お気軽にお電話ください。
日刊工業新聞に掲載されました
ばね産業新聞に掲載されました
大阪市の情報誌b-platzに掲載されました
日本を支えるKANSAIモノづくり企業

エスケープユニットの例

エスケープユニット付きパーツフィーダ エスケープユニットには様々な方法があります。
大善では、ご要望する受け渡し姿勢となるよう、その都度、エスケープの検討・設計・製作を行います。

ちなみに、ユーザー様からの情報提供が無ければ、最適なエスケープを検討することは、非常に困難です。
なぜなら、ワークの形状や特性、周囲のレイアウトなどを考慮することが重要なポイントだからです。

エスケープユニットの例を少し紹介させていただきます

一般的に「切り出し」・「切り離し」とも表現されるエスケープには、様々な方案があります。
その中から、いくつかの方案を紹介させていただきます。
なお、エスケープの制御につきましては、ユーザー様が電気制御を行い、ユニットの製作までを大善が担当することも多いので、詳細はお問合せくださいませ。

2列のリフトアップ 上記写真にありますエスケープユニットです。
リフトアップ(持ち上げ)するエスケープの例ですね。
横スライドのエスケープ 横方向へのスライドによるエスケープユニットの例です。
「横切り」と表現することがあります。
ビスの切り出しなどに良く採用しますね。
この方案は、最も一般的なエスケープだと思われます。
リフトアップ+前方へフィード リフトアップと前方への供給を組合せたエスケープユニットの例です。
ワークを前方へエスケープする際に、良く使用する方案ではないでしょうか。
前後方向への切り離し ワークを前後へ切り離すためのエスケープユニットです。
前後方向への切り離しをする目的においては、傾斜上では特に有効な方案かも知れませんね。
ピンを立てるエスケープ ワークを立てるためのエスケープユニットです。
ピンを垂直方向に立てた状態にしたい場合、採用するエスケープ方法です。
パーツフィーダでは立てた状態で整列できない場合に有効ですね。
リニアフィーダ上でエスケープ リニアフィーダ上でワークを分離するためのエスケープユニットです。
部分重なりを一度分離させると、それ以降は重ならない場合に有効ですね。