DAIZEN

works

実績・事例

ピンを立てるエスケープユニット

長手方向に排出したピンをエスケープで立てるパーツフィーダです。

先端が尖っているピンは取り扱いが厄介です。
エスケープユニットでピンを立てるため、ピンを1回供給するタクトタイムに余裕がある場合のみ、この手法を利用できます。

製品情報

ピン用パーツフィーダ(エスケープ付き)

「どうしてもピンを立てた状態で整列して欲しい」というお客様のご要望でした。
長手方向の姿勢を提案しましたが、「ピンを立てた状態でチャックをしたい」という思いが強かったので、エスケープによりピンを立てる仕様となりました。

ピンの先端が尖っているため、パーツフィーダで立てた状態にすることは無理があります。
ですから、パーツフィーダからは長手方向で排出し、エスケープによってピンを立てる、という方案を採用しました。

タクトに余裕があったので、この方案でも対応でき、できるだけ簡略化した構造を心掛けました。

部品の安定供給にお悩みでしたら、一度、大善のパーツフィーダをお試しください。
まずは、サンプルワークと図面をご用意していただき、お問い合わせのページへ!

お問い合わせ・お見積りはこちらお問い合わせ・お見積りはこちら

大善のパーツフィーダは、様々な業界のお客様からご注文を頂いております。
ご検討中の方・ご質問の方は、下記のリンクのフォームからご連絡をお願いいたします。

お問い合わせお見積り
© 2006 DAIZEN Co,Ltd. All Rights Reserved.
TOPへ